【買取相場ガイド】フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取・買取相場・高く売るコツを徹底紹介!

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの売却をお考えですか?

前回の記事で紹介したフェンダーのベースに次いで、今回はフェンダーのストラトキャスターの買取・買取相場について紹介したいと思います。

フェンダー(Fender)は、1940年代にアメリカ、カリフォルニア州でレオ・フェンダーによって設立された、主にエレクトリック・ギターやアンプの製造を行っている有名楽器メーカーで、ストラトキャスター(Stratocaster)は、フェンダー社が1954年から発表・発売を行っているエレクトリック・ギターの機種になります。

フェンダーのストラトキャスターは、ギブソン社のレスポールモデルと並ぶエレクトリックギターの代表的な存在で「エレキギターの王道」といわれています。現在はフェンダー社の2つのブランド(フェンダー、スクワイア)から販売されています。名前の由来は、テレキャスターの後継機であること、また当時、未来や最先端をイメージさせる「宇宙」や「成層圏(stratosphere)」から、その名前が付けられました。 現在数多くのストラトキャスターが存在していますが、あくまで「ストラトの本家」はフェンダーで、フェンダーブランドだけが「ストラトキャスター」を名乗ることができます。

この記事では、フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取相場、市場価格、さらに高く売却するコツが書かれています。

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取相場が気になる方、買取に出す予定のある方は是非、参考にしてみてください。

この記事では、フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取・買取相場について詳しく解説します。また、現在、私たちトレードマニアでは楽器の買取を行っており、フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取を強化しています。

専門の査定スタッフが最新の相場から慎重にお品物を確認しておりますので、信頼性のある買取価格をご提示できます。

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの売却を考えている方、フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取相場が知りたい方は是非、トレードマニアまでお問い合わせください!お客様のお問い合わせをお待ちしております!

この記事は次のような人におすすめです!

  • フェンダー(Fender)ストラトキャスターの売却をお考えの方
  • フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取相場が知りたい方

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの各種類の特徴

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの種類

フェンダー社のストラトキャスターは、歴史も長く、人気も高いため、数多くの種類が販売されていますが、カスタムショップ(FCS)、フェンダー、スクワイア(Squier)の3ブランドで主に展開され、フェンダーの生産地は、アメリカ(USA)、メキシコ(MEX)、日本(MIJ)、になります。

①フェンダー(Fender)USA

フェンダーUSAは、アメリカのフェンダー社がカリフォルニア州コロナ工場で製造されています。カスタムショップには多少劣るものの、高い品質と演奏性を備えているため、世界中のギタリストから高い評価を受けています。

②フェンダー(Fender)メキシコ(MEX)

フェンダーのMEXとは、メキシコのエンセナダ工場にて製造されるフェンダーブランドのエレキギターです。製造コストを抑えるため、材料や製造工程を一部簡略化しているため、USA製に比べて価格が安いのが特徴とされています。

③フェンダー(Fender)ジャパン(Made in Japan)

フェンダーのMIJとは、フェンダー社の日本工場「フェンダージャパン」で製造されたエレキギターです。アメリカで創業された会社ですが、1982年から日本にも工場を設立し、日本製のフェンダーギターを製造しています。

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの「モダンスタイル」「ヴィンテージスタイル」

エレキギターの定番モデルであるフェンダーのストラトキャスターには、モダンスタイル(新スタイル)ヴィンテージスタイル(旧スタイル)といった設計の違いを大きく分けた2種類が存在しています。

モダンスタイル(新スタイル)

「新スタイル」のストラトキャスターは、1980年代以降に登場したモデルで、現在主流となっているスタイルです。新スタイルのモデルでは、音色の幅広さと弾きやすさが両立した設計になっています。 また、ネックシェイプがCシェイプまたはModern Dシェイプになっており、初心者でも握りやすいです。

ヴィンテージスタイル(旧スタイル)

「旧スタイル」のストラトキャスターは、1950年代から1970年代にかけて生産されていたモデルです。旧スタイルのモデルでは、新スタイルのストラトキャスターよりも、よりクラシックな音色と弾き心地を楽しめる設計になっています。

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取相場

1954年に発売された「フェンダー・ストラトキャスター」は、フェンダー・テレキャスター、ギブソン・レスポールと並び「エレキギターの王道」といわれて世界中のギタリストから愛されているほか、60年以上の歴史があり、すべてのジャンルに対応する音作りの幅広さ、ハイポジションが弾きやすくアーミングができる演奏性、ピックアップなど交換用パーツの多さなどから、多くのギタリストを今なお惹きつけています。
以下は、そんな魅力をもったフェンダー(Fender)ストラトキャスターの種類別買取参考価格です。

型番 買取参考価格
フェンダー(Fender)ストラトキャスターUSA ヴィンテージ60年代 900,000円
フェンダー(Fender)ストラトキャスターUSA ヴィンテージ70年代 540,000円
フェンダー(Fender)ストラトキャスタージャパン 42,000円
フェンダー(Fender)ストラトキャスターメキシコ 40,000円

買取価格は、モデル、年代、市場価値、状態、付属品の有無などに基づいて算出されます。 正確な評価のためには、専門的な知識を持つ業者による査定が必要です。

現在、私たちトレードマニアでは楽器の買取を行っており、特にフェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取を強化しています。

専門の査定スタッフが最新の相場から慎重にお品物を確認しておりますので、信頼性のある買取価格をご提示できます。

フェンダー(Fender)ストラトキャスターを売却される方は是非、トレードマニアへお問い合わせください!お客様のお問い合わせをお待ちしております!

フェンダー(Fender)ストラトキャスターを高く売るコツ

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取価格を高めるためには、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの状態を良好に保つ

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの物理的な状態は買取価格に大きく影響します。定期的なメンテナンスを行い、ベースを清潔に保ち、傷や摩耗から守ることが重要です。 特に、クリーニングは確実に行わなければならず、汚れが溜まりやすいフレット脇やブリッジ部分などはきっちりクリーニングしてください。

オリジナルの部品と付属品を保持

フェンダー(Fender)ストラトキャスターのオリジナルの部品や付属品(ケース、証明書、保証書など)を保持しておくことは、価値を高めます。これらは買取時に価格を上げる要因となり得ます。

市場の動向を理解する

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの需要が高まっている時期に買取に出すと、より良い価格が提示される可能性があります。 新しいモデルのリリースや特定のアーティストの関連ニュースなど、市場の動向に注意を払いましょう。

複数の見積もりを取る

一つの業者だけでなく、複数の買取業者から見積もりを取ることで、最も高い価格を提示する業者を選ぶことができます。 オンラインの見積もりサービスや直接店舗に足を運んで相談するのも良い方法です。

買取業者の選定

買取業者を選ぶ際には、その評判や過去の取引実績を確認し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。 専門的な楽器買取業者の方が、一般的な中古品買取業者よりも適切な価値を見極めてくれることがあります。

フェンダー(Fender)ストラトキャスターを売るならトレードランドへ

フェンダー(Fender)ストラトキャスターの買取をお考えの方はトレードランドにお任せください! 楽器専門の査定員がお客様の楽器を適切に買取いたします。

無料のLINE査定を使用すれば、直接お店にお持ち込みいただかなくても査定金額をお伝えすることができます。

まずはお気軽にお問い合わせください!お客様のお問い合わせを心よりお待ちしております!

この記事を監修した人

株式会社トレードランド 編集部

株式会社トレードランド 編集部

埼玉・大阪・福岡の3拠点でリユース事業を展開中。
買取方法は店頭買取・宅配買取・出張買取の3種類で、年間買取点数は2.7万件を突破。
グーグル口コミ平均は★4.4を獲得。
※2023年度実績